確定申告を5時間で終わらせる方法

【こんな人におススメ】

・ITリテラシーが高め(パソコン、ネットをある程度使いこなせる)

・e-taxでの申請に抵抗がない人

・在庫を持たない業種(コンサルタント、カウンセラー等)

・1年分のレシートをこの時期にまとめて入力する人


【事前に準備すること】

1.ネットバンキングの開設
→三井住友銀行がおススメ
→1年分の利用明細をエクセルファイルでダウンロードすることが可能。

2.クレジットカードを1枚作成、オンラインで明細を見れるようにしておく
→Saisonカードがおすすめ
→オンライン明細はエクセルファイルでダウンロード可能。
→エクセルファイルは過去2か月分までしか閲覧できないので、
こまめにダウンロードしておくこと。

 

3.ICカードリーダーを買う

4.個人番号カードを申請する
→上記の代わりに電子証明書を取得済みの住基カードも使えます(期限あり)

5.会計ソフトを買う
→弥生会計がおすすめ

 

 

【ポイント】
1.事業経費は可能な限りクレジットカードか銀行振込で支払いましょう
2.売上はクレジットカード(Paypal)か銀行振込で回収しましょう

【手順】
1.該当年度の経費・売り上げデータを準備する
→クレジットカードのオンラインページからダウンロードした利用明細(エクセルファイル)
→オンラインバンキングで1年分の通帳記録をダウンロード(エクセルファイル)


2.弥生会計用インポートデータファイルに、上記データをコピペする


3.現金でやりとりした領収書・レシートをインポートデータファイルに手作業で入力
→ここのレシートを、全体経費の5%以下に抑えると、とても楽。


4.弥生会計ソフトに、上記インポートデータファイルをインポートする
(操作方法)ファイル→インポート
→1年分の記帳が1~2分で終わります


5.記帳データを決算用データ(PDF)に書き出す
(操作方法)決算・申告→青色申告決算書


6.確定申告ページにアクセス。
上記で書き出した青色申告決算書を参考に、必要情報を入力。
→E-taxが初めての場合、ちょっと手間取るかも。
→過去にE-taxを使ったことがある人は、前回のデータをアップロードできます。
ご自身のPCのダウンロードフォルダに入っている可能性が高いです。
拡張子は.data です。
デフォルトのファイル名は"xx年所得申告及び決算書等データ.data"


7.前回のデータを反映させるメリット
→事業所データ、名前、銀行口座などすべての情報が自動で反映されるため、入力の手間が省ける
→前回の地代家賃、償却資産データも反映させるため、編集が楽ちん。
→前回のマイナス決算データが、今回の売上から自動的に控除される。


8.すべての項目を入力して、データをオンラインで提出
→データのオンライン提出に、ICカードリーダーをパソコンに接続します。
個人番号カードか住基カードが必要。
→特別な場合を除き、書類の提出は一切不要
→必要書類は必ず保管しておくこと
→還付金がある場合は、申請から2~3週間で指定の口座に振り込まれます



以上。


ポイントは、
現金支払い・現金受け取りをどれだけ減らせるか、
というところです。

銀行振込やクレジットカードを最大限活用すれば、
数字の手入力が一切不要になります。

E-taxは最初が面倒なんですが、
一度使えば本当に楽ちん。

1年まとめて確定申告しても、
たったの5時間で終わります。

こまめに記帳するのが苦手な方におススメです。

弥生会計用のインポートファイルは下記から無料ダウンロードできます。
どうぞご活用ください^^



弥生会計用インポートファイル無料ダウンロード

ダウンロード
弥生会計インポート用ファイルサンプル
弥生インポート用ファイルサンプル.csv
CSV ファイル 683 Bytes

【使い方】

・行単位でコピーしてご利用ください

・D列に経費の利用年月日を入力

・E列に勘定科目を入力(弥生会計の勘定科目に合わせてください)

・I列とO列に金額を入力(I列とO列の金額は必ず一致させること

・Q列に取引先の名前をいれる

・上記以外の列は基本的に編集しないこと

 

 

【弥生会計へのインポート時によくあるエラーの原因】

・データを入れていない行に、消し忘れたテキストが入っている

→必要データ以外は全て空白にしてください

 

・数字を全角でいれている

→数字は半角でいれましょう

 

・I列とO列の金額が違う

→必ず一致させましょう